横浜海上保安部を視察

2月17日(月) 横浜にある海上保安部を視察させて頂きました。日本の領土面籍は約38万k㎡と世界で第61位にすぎませんが、領海および排他的経済水域の面積は領土面積のおよそ12倍で約447万k㎡と広大です。そのため海上の安全を守ることはとても大切です。海上保安庁は海上における人命・財産の保護、法律違反の予防、事件の捜査・鎮圧を任務とした警察機関であり、日夜を問わず私たちの海を守ってくれています。

他国と国境を接していない島国である日本。そのせいで国境に対する意識が低いのもまた事実でしょう。私たちが気付かぬうちに海洋資源が荒らされ、国境離島の外国資本による国土買収が静かに、しかし確実に進んでいます。領土・領空・領海に対する国民の意識を高め、しっかり護っていくことが必要です。

小川かつみを応援
よろしくお願いします!

Twitterで小川かつみをフォローしよう!
FacebookTwitter
ご意見・ご要望はこちらから