医療技術者団体協議会懇談会の開催 12月25日(水)

15職種22団体に参議院議員会館へお集まりいただき、「医療技術者団体協議会(代表:伊達忠一・前参議院議長)」懇談会を開催しました。各団体からは要望、厚労省からはそれに対する考え方が示されるなど活発な意見交換が行われました。

日本理学療法士協会(半田一登会長)からは、医療や介護の質を担保するため、理学療法士を始めとする医療専門職の養成教育の大学化を含め、その処遇改善に向け早急に必要な施策を講じるよう強く要望されました。

閉会にあたって私からは、各団体から出された要望は、そのまま「現場の声」であり、それらを拾い上げながら仕組み作りをすることが役所の責任であること、国民不在の仕組み作りにならないよう留意して欲しい旨、発言させて頂きました。

小川かつみを応援
よろしくお願いします!

Twitterで小川かつみをフォローしよう!
FacebookTwitter
ご意見・ご要望はこちらから