ノーリフトケア2020国際シンポジウムに出席

1月17日(土)、18日(日)の両日、神戸にて「ノーリフトケア2020 国際シンポジウム」が開催されました。開会式に出席し、大会長 垰田和史氏(滋賀医科大学社会医学講座衛生学准教授)及び、東京大学人工物工学研究センター センター長 淺間一氏の基調講演を拝聴しました。特に淺間氏の講演は「動き」を専門とする理学療法士にとって極めて興味深いものでした。
ノーリフトケア、腰痛予防は医療介護現場における従事者の労働安全マネジメントや働き方に直結する大変重要な課題です。シンポジウムでは最先端のロボットテクノロジーが紹介されるとともに、オーストラリアをはじめ各国からも多くの講師が参加し、国際的な知見も共有されました。

 

小川かつみを応援
よろしくお願いします!

Twitterで小川かつみをフォローしよう!
FacebookTwitter
ご意見・ご要望はこちらから