リハビリテーションを考える議員連盟総会

  11 月 29 日、「リハビリテーションを考える議員連盟」第3回総会が衆議院議員会館にて開催されました。総会には参加議員をはじめリハビリテーション専門職三団体会長並びに多くの会員が出席し、以下2点の議題について意見交換がなされました。


総会の冒頭、私から、「初めて自民党から業界代表参議院議員として当選させていただいた。この流れを受け、ますます本議員連盟が活発に活動し、リハビリテーション職に係る課題解決に向けて、具体的な議論が深まることが期待される」旨、挨拶をさせていただきました。

また、丹羽会長からは「リハビリテーションの社会的な評価や需要が高まっていく中で、リハビリテーション専門職がより効率よく、効果的に働いていくための仕組みづくりのため活動していきたい」とのご挨拶があり、その後、意見交換を受けて半田会長から「社会的な要求に耐えうる人材育成についても検討する必要がある」との発言がありました。
「リハビリテーションを考える議員連盟」は、我が国におけるリハビリテーションのあり方を考えることを目的として、平成 25 年 11 月、都道府県理学療法士会から推薦された自民党所属衆議院議員が集まって発足したものです。現在、参加議員数は90 名に達しました。総会の活発な議論からも、リハビリテーション専門職に関わる課題に対する、国会議員の関心の高まりを感じることができました。

小川かつみを応援
よろしくお願いします!

Twitterで小川かつみをフォローしよう!
FacebookTwitterGoogle+
ご意見・ご要望はこちらから