政策

価値ある未来へ

3つの政策

  • 高齢者や障がいを有する方々の尊厳ある自立生活を守ります。

    • 高齢者や障がいを有する方々の参加型社会を構築します
    • 高齢者や障がいを有する方々が日々の生活を安心・安全に過ごせる環境を作ります
    • 地域包括ケア論議に高齢者のみならず障がい児(者)問題を濃厚に反映させます
  • 地域包括ケアにおいて医療・介護専門職の役割拡大を図ります。

    • 教育環境(学内教育・臨床実習)を改善して職務の高度化と地位の向上につなげます
    • やりがいのある仕事が遂行できる職務環境を整備します
    • 専門職の卒後教育制度を公的レベルに引き上げ、処遇改善へとつなげます
  • 医療・介護専門職の処遇改善に努めます。

    • 医療および介護の専門職が本来持つ専門能力を発揮できる体制を作ります
    • 在宅医療や在宅介護を専門職が主体的に支える仕組みを構築します
    • 専門職が国民の地域生活をより幅広く支援できる仕組みを作ります
ご意見・ご要望はこちらから