群馬県前橋市で講演させていただきました。

10月20日(土)、群馬県前橋市において吾妻地区リハビリテーション広域支援センター主催、群馬県医師会群馬リハビリテーション病院共催により「リハ専門職を取り巻く危機と社会から求められる人材とは」と題してお話をさせて頂きました。起こりつつある社会の大きな変革、その荒波の実態は何なのか、そしてリハ専門職に希望はあるのかという趣旨でしたが、ご参加頂いた80名余りの方々には真剣なまなざしで共に考えて頂くことができました。
PT・OT・STを「リハビリ」と一括りにするのではなく、各職種が現に存在するその必然性(専門性)をもう一度しっかりと見つめ直し、私たちには何が出来るのか、何の役に立てるのかを、ひとりひとりが様々な場面で発信し認知してもらうことが大切です。講演後30分間の意見交換では会場からも現実的緊急の課題やご質問等をいただき、有意義な時間となりました。
このような機会をいただきましたことに、群馬リハビリテーション病院長を始め、実行委員の皆さまには改めて感謝申し上げます。

小川かつみを応援
よろしくお願いします!

Twitterで小川かつみをフォローしよう!
FacebookTwitterGoogle+
ご意見・ご要望はこちらから