厚生労働委員会「委嘱審査」の質疑に立ちました

3月23日、厚生労働委員会で「委嘱審査」が行われ、私も質疑に立たせていただきました。聞き慣れない言葉ですが「委嘱審査」とは、参議院予算委員会における総予算審査の際に行われる審査方式の一つで、 厚生労働委員会所管の予算事項に関する審査を、予算委員会が厚労委員会に委嘱して審査を行うものを言います。
今回の質疑では、年金問題を皮切りに、私たちリハ専門職に関わりの深い話題である慢性疼痛への政府の取り組みや地域包括ケアシステム本格稼働に向けてのリハ専門職の需給検討の状況、チーム医療推進の前提となる「高い専門性」に対する考え方や具体的対応について、またそれらに関連して専門職大学の現状について質問をさせて頂きました。加えて、東日本大震災復興特区における諸施策、なかんずく、特区の規定に則って設置された訪問リハ提供事業所のその後の取り扱い等について政府の考え方を質しました。
今回は総論的な話題に留めましたが、今後は可能な限り各論的な話題に踏み込んでいきたいと考えています。

小川かつみを応援
よろしくお願いします!

Twitterで小川かつみをフォローしよう!
FacebookTwitterGoogle+
ご意見・ご要望はこちらから