マイクのいらない集会「ふるさと対話」in 愛媛

愛媛県選挙区選出で現職の厚生労働大臣である塩崎恭久衆議院議員を招き、同県松山市にて「ふるさと対話集会」を開催しました。参加したリハビリ専門職の方々の「現場からの切実な声」に対して、塩崎代議士のお考えや現在の状況などをご説明いただきました。初めは現職の大臣がお越しになるということで会場内にも緊張感がありましたが、興味深い塩崎大臣のお話を聞くうちに、参加者の緊張もほぐれ、活発な意見交換が行われました。

参加者からは医療機関、介護施設間などでの利用者の情報共有についての課題や意見、地域での介護予防や地域包括支援センターについて、また専門職大学についての質問など話題は多岐にわたりましたが、そのせいもあってあっという間に予定された時間となってしまい、次の機会を求める声が参加者から多く上がっていました。
「ふるさと対話集会」は少人数で行うため、地域の皆さまからの率直なご意見や考えを聞くことが出来る大切な機会です。今後も全国各地で開催して参りますので、お近くで開催される際には是非ご参加下さい!

 

小川かつみを応援
よろしくお願いします!

Twitterで小川かつみをフォローしよう!
FacebookTwitterGoogle+
ご意見・ご要望はこちらから